もしかすると遺産として不動産が残されているケースがあるかもしれません。その際の分配方法とは。

親切な不動産の担当者

遺産として残った不動産の分配方法は

遺産問題という話を聞くとどうしても耳を塞ぎたくなってしまう人も多くいるのではないでしょうか。ドラマなどの印象を強く持っている人の場合には特にそうなのかもしれません。逆にドラマのようなことは起こらないだろうと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし実際のところドラマのような泥沼は常にどこかで起こっているのです。やはり遺産はお金絡みの問題なので、誰も引かないという現実がどうしても存在しているのです。そのような中において注目して欲しいことはもしも遺産が不動産として残されてた場合の話です。そのような場合どのような分配方法となるのでしょうか。それは全て遺書に託されます。基本的に法的に決められた配分割合は存在していますが、遺書の方が威力としては高いということを念頭においておきましょう。

例えば一つの不動産を二人で相続するとなった場合、半々となるのでそこに住まなければいけないのかと思っている人もいるかもしれませんがそうではありません。不動産の場合換金をして清算をすることも可能なのです。ですから相続した二人とも合意をするのであれば、売却をしその分を相続すれば良いのです。遺産として相続を行う際には法的手続きも必要となってくるのできちんと依頼をして行った方が確実だと思います。

【参考】