低迷していた社会情勢がアベノミクス効果が表れ始め、不動産市場に関心が高まってることから業者選定の一助けと。

親切な不動産の担当者

不動産業者の選び方・つきあう方法

昭和から平成に年号が変わるとともにバブルが砕け社会全体が暗いトンネルに入り込み物価の下落が生じ不動産業界は氷河期へ。それまで鼓舞していt派手さも陰り一途の我慢時代が続きましたが、政権が再び後退しアベノミクスが打たれるや一気に情勢は好転方向となり、この追い風に不動産業界も息吹き返しつつあります。そんな中で起こるのが何時もながらの悪徳商売。その先頭に立つのが不動産業者。いつの世も変わらずです。

これから夢を持ち希望を持って計画している方々に後悔しないためのノウハウをお伝えし信頼ある安心な業者選びが重要です。特に法令を守らない電柱に縛り付けてる看板やチラシの中での掘り出し物等で勧誘するなどの業者には十分に注意すべきでしょう。また、購入は無理だけど賃貸を考えたいと思っている方々もしっかとした賃貸専業業者を見極めるべきでしょう。でどのような業者がいいのかが判断がつかないときは、住みたい場所にあるこじんまりとした駅前不動産屋に注目すべきでしょう。つまり地元の地主さんからの依頼がほとんどであり信頼の証でもあります。ただすべてではありませんのでその時の雰囲気で判断が必要です。

そのほかには店舗内が仕切りなどで奥の方を見せない店舗は都合の悪い何かがあると考えるべきでしょう。また店内がマンガチック絵や一家団欒の絵などが張り巡らされて店舗や、店員がおお声で電話する様子も不動産用語で「カマ電」と言ってますが注意すべきでしょう。信頼と安心な不動産屋を求めるにはさまざまな要素はありますが、駅前不動産屋や大手の不動産会社に頼むことがいいでしょう。

【参考】