住宅の不動産において、雨水の流れがうまく流れているかが重要です。雨の日に確認をするようにします。

親切な不動産の担当者

住宅の不動産では雨水の流れがどうなるか

雨降って地固まると言われます。問題があったあとは物事が解決しやすい例えとして使われます。掘り起こしたような土の部分は非常に柔らかいですが、雨が降ることでそれが落ち着きます。その後乾けば固まります。もともと緩いところであればこのことが言えるのでしょう。しかし、実際はあまり土に水が染みこむのはよくありません。そうすることで地盤が緩んでしまうことがあるからです。雨はしっかりと排水されなければいけないのです。

住宅の不動産を購入するとき、外観を見ていると排水設備が見えると思います。屋根の周辺にめぐらされていて、屋根に落ちた雨は集められて排水管に流れていきます。その排水管は側溝に水が落ちるようになっています。つまりは、そのまま地面に落ちるのを防ぎ、雨水が敷地内に染み込みにくくしているのです。もし排水設備がなければ屋根からどんどん水滴が落ちてしまいます。住宅周りに水が染みこんでしまって、地盤に影響を与えるのです。

外目から見ると排水設備があれば大丈夫のように見えますが、実際に雨がどのように通るかを見ないとわからないでしょう。完成した状態で雨が降ったときにどのように流れるかを見るようにします。うまく流れているかです。

【参考】