新築の不動産において、VOCを測定して室内の空気の状態を調べます。築後1箇月ぐらいを調べてみます。

親切な不動産の担当者

新築の不動産ではVOCの状態を測定

石油といいますと、燃料としての利用が知られています。その他には、近年にはいろいろな繊維に使われています。洋服などでよく用いられています。プラスチックとして日用品でも見られています。もっと利用が進んで、住宅の素材においても利用されています。繊維の会社が開発した住宅のボードなどがコマーシャルなどで紹介されていることがあります。一つの物質からいろいろなものができるのはすごいことです。性質も知っておきたいです。

化学繊維であったり、接着剤などを使うことによって、目に見えない化合物が空気中を漂うことがあります。VOCと呼ばれ、揮発性有機化合物のことになります。以前であれば特にその量の規制などはなかったのですが、近年はより規制が明確化されています。ですから、業者としてもその基準に合うように住宅を作ろうとしているのです。業者が一生懸命作ってくれたのですから、それが問題ないかを調べるようにしてみましょう。調べて安心するのです。

新築の不動産においてVOCが多くなる時期としては建てられてすぐです。その後換気などが行われるので、次第に安定化してきます。日常生活に近い状態としては、1箇月ぐらい経ったときが良いようです。測定器で測ることができます。

【参考】