不動産において、断熱材が固定されているかを見ます。床下の場合、固定されていないとたゆむことがあります。

親切な不動産の担当者

不動産では断熱材の固定状況を見る

鉄の板であれば、長い年月でもたゆんんだりすることは少ないです。木材になると少したゆむことがあるかもしれませんがそれでもまっすぐになっているでしょう。スポンジなどの場合は、目が荒いものならすぐにたゆみます。目を細く詰めているものであれば、板のように固くなっているのでたゆみにくくなります。それは最初の方だけで、時間が経てばたゆんでしまうことがあります。たゆんではいけないなら、何らかの処置をする必要があります。

不動産において、断熱材を壁や床、天井などに取り付けます。壁においては、隙間なく行いますから、たゆんたりすることはありません。天井も天井部分にピッタリ貼り付ければたゆみません。問題は床です。もし床に断熱材を貼り付けてそのままの状態だとしたらどうでしょうか。最初はぴったりついていても、長く置くことでたゆんでしまう可能性があります。となると、断熱効果が少なくなってしまいます。好ましい状態ではなくなるのです。

床下においては、断熱材の固定状況をみましょう。建てられた直後なら問題はないでしょうが、何の固定材もなければたゆんでしまいます。木材や金具などで何らかの処置がされていれば、正しい施工がされていることがわかります。