不動産において、断熱材を使うのですが、高価なのは発泡系で、安価なものとして化学繊維系があります。

親切な不動産の担当者

不動産に使う断熱材で高価なもの

冬になるとカニツアーに行くことがあります。日帰りで日本海側に行くのですが、目当ては現地でのカニの食べ放題です。無口になってみんな食べています。ツアーによってはそのときにおみやげがもらえます。カニをまるごと一匹もらえるのです。どのようにして持って帰るかですが、発泡スチロールの入れ物に入れます。それに氷を敷き詰めたものです。そうすると家まで氷も解けずに持って帰れます。発泡スチロールは断熱効果が高いのです。

不動産においては、最近は断熱効果のある加工をすることがあります。そうすることで、夏の暑さ、冬の寒さから守るようになります。家を発泡スチロールのような断熱材でくるめば安心することができます。断熱材に関しては、現在は2つのパターンがあります。一方は発泡スチロールのような発泡系の素材です。発泡スチロールは簡単に壊れますが、住宅に使われるものはもっと丈夫ですから容易には壊れません。高価な素材と言われています。

もう一つの素材としては、グラスウールと呼ばれるものがあります。こちらは化学繊維を用いたものです。石油から作られるもので、安価に作ることができるものとされています。安く作る場合は、グラスウールを用います。

【参考】