中古の不動産では、雨漏りの状態のチェックがあります。一般の人なら家の中から水のしみなどを探します。

親切な不動産の担当者

中古の不動産の建物は雨漏りの状態を見る

傘をさしているのに何故かぽたぽたと水滴が落ちてくることがありました。よく見てみると傘に小さな穴が空いていました。傘全体からするとそれほど大きな穴ではないので普段は落ちてくることはないのですが、雨が激しくなってきたりするとぽたぽたと落ちてきます。テープで応急処置をして対応することにしました。雨漏りがするときは、どこかにその原因があるはずです。それを探して修理をすれば、雨漏り自体は解消することができます。

中古の不動産の建物では、それなりに年数が経っている場合があります。すると、瓦がずれたりすることで、そこから雨が侵入してくることはあります。瓦のズレを直すだけでピタリと直ることもあります。どのようにして確かめるかですが、住宅の内部から見ることがあります。最上階の天井と壁のあたりを見て、水の流れがないか見てみましょう。天井などであれば、シミのように色が変わっている所があれば雨漏りがある、過去にあったところです。

2階建ての場合、2階部分のみに起こりそうですが、1階にも雨漏りが発生することがあります。何処かから水が入ってそれが天井に流れ込んでいるのでしょう。プロに依頼することによって、外から状況を調べてもらえます。

【参考】