中古の不動産においては、住宅の地目を確認します。通常は宅地になっているはずですが、それ以外のこともあります。

親切な不動産の担当者

中古の不動産で住宅の地目は何か

住宅地に住んでいると、道路と住宅しかないようなことがあります。たまに見かけるのがコンビニであったり商店などです。駅前になってくると、スーパーであったり、オフィスビルなどが見えてくることがあります。都市部になると住宅は少なく、ほとんどがオフィスビルになります。都市部と逆の方に行くと、住宅以外に田んぼであったり畑、山などが見えてくることがあります。それらは地図を見たりすると記号などによって表されることもあります。中古の不動産において住宅を購入することがあります。この時、地目を確認することがあります。

これは登記をするときに、どのような目的で使用するかを決めて行うようになっています。住宅の場合においては宅地となっています。情報などを見た時にはこちらが宅地となっているか確認するようにします。それ以外の目的になっている場合には、なぜそのようになっているかを調べるようにしましょう。以前からそうなっているのなら変更が必要です。

住宅として販売するのだから宅地だろうと思い込んでしまうことがあります。そのまま取引をしてあとで困ることがあります。事前にわかっていれば対応のしようが出てきます。起こりそうなトラブルを避けるようにするのです。