中古の不動産情報に置いて、折込チラシは地元の情報として最適です。地元に住んでいる人にもらいましょう。

親切な不動産の担当者

中古の不動産情報で折込チラシを得る方法

転勤をするときに物件情報を探そうとするとき、以前なら現地まで行く必要がありました。何度もいけないのでその日のうちに決める必要がありました。納得がいかなくても仕方がありませんでした。今はインターネットを使うことができます。物件そのものを見つけることができなくても、だいたいどういった相場や物件があるかがわかります。気になる物件があれば電子メールなどで連絡をしてもよいでしょう。現地でいきなり行うよりも効率良くなりました。

インターネットの情報は全国の情報が得られるのですが、最新情報でないこともあります。また、全国で流れているだけに多くの人がその情報を見ています。その分自分のお気に入りの物件を先に取られてしまうこともあります。もし住むところが決まっているなら、中古の不動産情報として有効なのは折込チラシです。新聞を購読すると入っているものです。駅の売店やコンビニなどで買おうとしても広告はついてきません。そちらに住んでいない時はどうするかです。

その付近に住んでいる人がいるならその人に広告をもらうようにしてみます。また、土日にその町の新聞販売店に直接買いに行く方法があります。そちらであれば広告もあるはずです。広告が出されるのは土日などが多いです。