戸建の不動産では、外壁にタイルを選ぶと良いようです。水にも火にも強く、傷もつきにくい性質です。

親切な不動産の担当者

戸建て不動産の外壁にタイルを選ぶ

お風呂場といいますと今はユニットバスが増えています。ですから洗い場などは強化プラスチックなどになっているでしょう。以前はと言いますと、壁や床などはタイルが使われていました。先頭などに行けばほとんどタイルで作られていることがわかります。タイルは水はけが良く、掃除もしやすいです。滑りやすい問題はありますが、水に強いところから使われていたのでしょう。このタイルの良さを別のところで活用しようとする動きがあります。

戸建ての不動産において、外壁にタイルを使うのが良いとされています。タイルの性質として、お風呂場では水に強いといいました。外壁は雨風があたります。それによって傷みやすいです。そこにタイルを使えば、傷みにくくなるのです。タイルは焼いて作るものなので火にも強いと言われています。隣から火が出てその火がこちらに来そうになったとしても、通常よりも耐えてくれやすいのです。水にも火にも強いのは心強い素材といえるでしょう。

また、温度にも強い、傷にも強いと言われています。台風などにおいてはいろいろなものが細かく飛んできて壁を傷つけることもあります。毎年のように台風が来れば少しずつ傷つけられます。それも防ぐことができるのです。

【参考】