一口に不動産業界と言っても多種多様な不動産の世界。その特殊な世界が身体的な被害を与える可能性があります。

親切な不動産の担当者

不動産業界が健康に与える被害

不動産は、その名の通り動かない資産的な物を示しており、淡白に言えば土地やその土地に建てられている建造物の事を示しています。法律的にもこの不動産の線引きはとても難しく、法に関して無知な一般市民では対処できない場合も多く存在します。実は、不動産が我々人間の体に害を与える事があります。現にアメリカでは、ほとんどの建造物に使用されているアスベルトと呼ばれる物質が健康的被害がとても深刻であり、何件も訴訟が起こされています。このアスベルトとは、石綿を示しており、建造物の多くの部分で用いられています。アメリカではこのアスベルト問題がとても深刻です。

日本でも建造物による健康被害は少なくなく、近年ではシックハウス症候群という病気を患っている人が何人もいるとされています。シックハウス症候群とは、住宅で発生する病の総称であり、様々なところで定義は異なりますが、基本的に新居などに住むことで発生する倦怠感やめまいの事を主に示します。原因は主に、住宅に作られるときに使用される物質に問題があるようです。このような病を引き起こすことも十分あるので、不動産の購入はしっかりと考えて購入を検討したいものです。不動産は人生の中でも特に大きな買い物になるので、ぜひこのような健康被害も重視するとよいでしょう。

【参考】