不動産において、自由に戸建てを建てられない場合として、街の景観への対応があります。外観の配慮です。

親切な不動産の担当者

不動産に自由に戸建てを建てられない場合

住宅と保険は一生で一番高い買い物と言われます。住宅に関しては長年ローンを支払うことになります。完済して初めて自分のものとなるのです。その頃にはリタイヤしている人もいるでしょう。それだけの思いをして買うのですから、全て自分の思い通りに建てたいと思う人もいます。不動産においては、土地でも建築条件付きになると一定の条件のもとでしか建てられません。一から全て自分の思い通りにはならないのです。ですからその条件のないところを選びます。

少し高い土地でしたが、特に建築条件はついていないとのことでそちらで住宅を建てることになりました。インターネットで好みの住宅の設計をしてくれそうな設計士を探して、早速話を進めています。話はトントン拍子に進むと思ったのですが、ここで待ったがかかりました。こちらで建てるには一定の条件を聞いてくださいとのことでした、これは住んでいる街の方から言われたことです。この場合この指示に従わなければいけないのでしょうか。

景観法と呼ばれるものがあり、景観形成において住民参加ができるようになっています。観光地や、整備された住宅地などではそういった動きがあるかもしれません。間取りなどよりも、外観などで一定の制限があるかもしれません。

【参考】