新築の不動産では、隣家との距離が非常に近い場合、少し住みづらくなることがあります。納得できるかです。

親切な不動産の担当者

新築の不動産で隣家との距離が非常に近い場合

新しく分譲開発されたところにおいては、最初から計画の上で行われています。住宅の建て方であったり、家と家との間などもそれなりに取られています。本来であれば、その敷地内であればある程度自由に建てることができます。でも、整然な街においては、適度に空間があったりするほうが見た目が美しいのです。一方で、既に街ができているところにおいて、新たに住宅が建て替えられるようなとき、周りなどに配慮する必要が出てきます。

新築の不動産を探していたところ、良い立地の物件を見つけました。少し気になったこととしては、隣家との距離が非常に近いことです。隣家は境界より少し間を開けて家を建てていますが、その建物はギリギリいっぱいです。その建物を建てるときには話しなどもされていたと思いますが、ちょっとした事で隣に音が漏れたりしそうです。また、その近い部分が台所になっています。西日が入らなくて良いのですが、隣ににおいが行ってしまいそうです。

自分で建てようとするならもう少し間をおいてなどになるのでしょうが、既に建っている物件なのでどうしようもありません。立地優先で購入するかですが、トラブルを起こさないためにも気を遣いながらのこともあります。

【参考】