地盤調査、地盤改良をするにあたっては、不動産屋さんとよく相談して家作り全体の費用を考えながら計画しましょう。

親切な不動産の担当者

地盤改良は不動産屋さんとよく相談の上決めましょう。

不動産を購入しようと思った時に色々な疑問が生じることがあります。たとえば、住宅用の土地を購入する前にその地盤が軟弱かどうかを調査出来るかということです。一般的に、土地購入の前にその土地の地盤調査が出来るケースというのはかなり稀であると言えます。ですので、地形や地勢から判断したり、周囲の住民や不動産屋さんに聞いてある程度の情報を確認しておくことも重要です。又、土地の名前に池や川、谷や崖といった文字が入っている場合は、大昔自然災害で被害を受けた場所である可能性が高いと思われるので注意が必要です。

こういった事前の確認でその土地が軟弱地盤の可能性が確認された場合は、購入自体を諦めた方が良いのでしょうか。もちろん、家を建てるにあたっては強固な地盤であることに越したことはないのですが、しっかりした地盤調査を行い、その後地盤改良や杭工事を施せば殆どの場合が問題ないと言えます。しかし、どれだけ強固な土地であったとしても、地震で思わぬ被害を受けることもありますし、あまり神経質になり過ぎて土地改良だけに費用掛け過ぎると、肝心の建物の安全性に手が回らなくなってしまう可能性がありますので、不動産屋さんとよく相談の上決定するようにするべきです。

【参考】