少子高齢化が進む中、不動産業界が社会に与える影響は大変大きく、高齢者への対応に関して大きな役割を担っています。

親切な不動産の担当者

不動産業界が担う高齢者対応への重要な役割

少子高齢化は歯止めが掛かることなく現在も進み続けています。この問題は、社会生活における様々な面に影響を与えることになりますが、その中でも生活の原点である住まいを取り扱う不動産業界ではかなりの影響が危惧されています。不動産業界の今後を語るのに、この少子高齢化という問題は避けて通ることのできない重要な課題なのです。

もちろん現在、バリアフリー住宅というのは一般化しています。家中の段差をなくし、高齢者が安全安心に暮らす事の出来る住宅というのは不可欠です。杖をついたり、車いす生活になったとしても、介護者の負担をなるべく軽くするための装備も求められています。例えば、寝室からすぐに洗面所に行かれたり、トイレや浴室を標準よりだいぶ広い設計にしたりといった高齢者向けの住宅は今後大変人気が出てくるでしょう。そういったハード面だけでなく、今後の大きな課題としては高齢者だけの世帯が増加することにどの様に対処していくかというソフト面の充実なのです。これには社会システムの構築が必要になりますが、その中で不動産業界が担う役割というのは大きなものがあります。高齢者専用住宅は現在増えつつありますが、入居時の保証金額をより安価にするなど、高齢者が利用しやすいような制度作りも今後は必要になってきます。

【参考】